job service

新卒にはチャンス

新卒にとっては、チャンス到来

団塊の世代の大量退職を控えている今の日本では、労働人口の減少が続いています。少子高齢化の影響もあり、就職をする若者の数が減少していることも就職戦線に大きな影響を与えています。言い換えれば求職者にとっては今は売り手市場になっているのです。一昔前までは就職氷河期と言われ、働きたくても職場が決まらない人が大勢いました。今は仕事の数が上回っているので就活生にとっては春の時代を迎えています。そのような現状でも就職先が決まらないと言う場合には、一度活動を休止して自分を見つめ直す必要があります。新卒はブランドと言われているのは、社会の荒波や穢れをしらないからです。会社のカラーに染めることができる新卒は企業にとって喉から手が出るほど欲しい人材なのです。

幅広い視野を持つことが重要

就職先が決まらない方は、面接を振り返ってみる必要があります。受け答えがハキハキとしているか、身だしなみは社会人としてふさわしいかを考える必要があります。売り手市場で決まらないと言うことは、大きなショックを受けることになりますが、希望している業界が合っていないのかもしれません。働きたいと思う会社と自分が持っている適正が必ずしも合致しているとは限りません。採用する側は数多くの人を面談しているプロになるので、数分の出来事でもその人の適正を見極めているのです。不合格が続くようであれば、違う業界にもチャンレジをしてみると良いでしょう。会社説明会に参加するうちに、思わぬ出会いがあるかもしれません。視野を広く持つことが重要です。